Categories
HTML+CSS ホームページ制作・作成

ブラウザのシェアで Chrome がトップ

先月の記事ですが、WebブラウザシェアランキングTOP10 が発表されています。

https://webrage.jp/mobile/data/pc_browser_share.html

バージョンでも分かれていますが、その他を除いて IE と Chrome それぞれのバージョンを足して比較しても Chrome がトップになっています。

さて、Internet Explorer の天下だった Webブラウザ界が上記のような状況に変化しているなか、ホームページを運営している者としてなにを注意しなければならないでしょう?

デザインのくずれ

W3Cに準拠して、Chrome や Safari での表示チェックをしているようなホームページの場合、それを維持すれば問題ないと思われます。逆にそれを行っていない場合は、実施することを推奨します。

お問い合わせなどのフォーム

フォームの入力欄で 全角 および 半角 の入力を自動的に切り替わる機能を ime-mode で実装している場合、少し問題がでてきます。Chrome は ime-mode に対応していません。つまり、ime-mode で実装している場合、シェア No1 のブラウザでは 全角 および 半角 の入力が自動的に切り替わらないのです。
電話番号やメールアドレスの入力欄で実装されているケースが多いため、ご自分のホームページのお問い合わせフォームをチェックしていただければと思います。

ime-mode で実装されている場合、どうすればよいか?
入力の時点での強制ではなく「全角で入力されたら半角に変換する」で対応するのがベストと考えます。その機能は PHP で実現可能です。当オフィスのお問い合わせフォームでメールアドレスや電話番号の入力欄に全角で入力しても「入力内容の確認」をクリックしたあと半角に変換されることが確認できます。メールアドレスや電話番号などは辞書登録されている人もおられますので、ime-mode などで入力モードを強制的に制御させるより、「全角で入力されたら半角に変換する」の考えの方がベターと当オフィスでは考えています。

[mokurenCB]