Categories
PHP+MySQL

PHP で Twitter の OAuth認証での投稿

Twitter の OAuth 認証とは、言葉のまま Twitter の認証方式です。OAuth 認証で接続することにより、

  • つぶやきの投稿
  • つぶやきの検索
  • タイムラインの取得

などが可能になります。

技術的な解説はこちらのページでご覧いただき、実際にどのように応用するかを考えたいと思います。

ECサイト

自社でECサイト(ショッピングサイト)を構築されている場合、商品ページで使われているコメントをURLと一緒に投稿することが可能です。楽天市場やYahoo!ストアなどのショッピングモールではできません。商品ページを自社が利用されいてるサーバー(データベース)の場合に可能になります。
なお、Twitterですから、文字数制限があるので、その辺の注意は必要になります。
また、新着案内(お知らせ)なども作りしだいでは、新規投稿時に Twitter へも自動投稿ができます。

不動産サイト

ECサイトと同様、物件データをデータベースに保存している場合、物件を Twitter へ自動的かつ定期的に投稿することが可能です。また、お知らせや現地販売会などの投稿もデータベースに保存されている場合は可能です。

アフィリエイトで

Twitter への投稿を許可している広告の場合、それをデータベース化し、定期的かつ自動的に Twitter への投稿が可能です。

なお、自動化できても、その文章を見るのは人ですから、1度に多数を投稿することはオススメできません。